COM/ActiveXの解説ページ

いちごパック > COM/ActiveXの解説 > COM/ActiveXの解説ページ
COM/ActiveXの解説を順に書いていきます。

COMの背景知識

  • プログラムの実行環境
  • プログラムの実行処理
  • COMの関連知識

  • インターフェースと実装
  • ファクトリクラス
  • 参照カウント
  • ゼロからのCOM

  • COMの目的とその仕組み
  • クラスの作成とその利用
  • IUnknownとその実装
  • クラス機能の実装
  • class object
  • DLL利用状態の管理
  • DLLサーバの自己登録
  • DLLサーバのビルド
  • DLLサーバの動作確認
  • EXEサーバ

  • DLLとEXEの違い
  • メソッド呼び出し
  • サーバ処理の流れ
  • コマンドラインの解析
  • EXEサーバ利用状態の管理
  • class objectの登録
  • クラスのビルドと動作確認
  • オートメーションサーバ

  • スクリプト言語への対応方法
  • クライアントの実装
  • IDispatchインターフェース
  • メソッド呼び出しの実装
  • デュアルインターフェース

  • C++とスクリプト言語の両立
  • MIDL
  • タイプライブラリの登録とその利用
  • proxyとstubの利用

  • 続きは今後執筆予定です。

    サンプルプログラム

  • サンプルで用いたヘルパ関数
  • COMクライアント
  • COMサーバ (EXEサーバ)
  • オートメーションサーバ (DLLサーバ)
  • MIDLコード (.idlファイル)
  • デュアルインターフェースサーバ